自分好みのデザインをプリントしたオリジナルTシャツを着こなそう

Tシャツを着たぬいぐるみ

Tシャツのサイズ感に注意

青色のTシャツ

季節に関わらずに着られる定番アイテムであるTシャツですが、街中を歩いているとサイズが間違っているのではないか?と思う人を見かけます。ビッグサイズのTシャツを着るコーディネートも勿論ありますが、全体のバランスを見てもそういう意図で着てはいなさそうに見えます。
Tシャツは下に履くズボンなどとは違い、試着せずになんとなく買ってしまうことが原因かもしれません。では、自分にとってはジャストなサイズの合わせ方の目安はあるのでしょうか?まずは肩丈ですが、首から肩に降りていき、そのまま進んでいくと骨がポコっと出ている部分があると思います。そこは鎖骨の端の部分になるのですが、そ端の部分を越えた部分にTシャツの肩口の縫い目がくるくらいが丁度いいサイズの目安になります。
多くの人の場合、肩口の縫い目が腕の方にまでだらしなく出ていってしまっているためにサイズ感の合っていないダサい感じに見えてしまいます。Tシャツはブランドによってサイズが違うので、いつも同じサイズのものを買っている人は注意して見ましょう。
着丈はヘソから恥骨(下腹部の一番下の骨の部分)の中間くらいが目安です。そこより短ければピチピチに見えますし、越えていれば大きいサイズに見られます。自分がどういう着こなしを求めているのか、どう見られたいのかを考えて着こなしていきましょう。

recommended article

私の服のこだわり

私はTシャツが大好きです、やっぱりTシャツにもとめることはラフさです。それにどんなアウターにも会えば抜群ですよね。個人的にはVネックで細身のワンポイントか…

Tシャツのサイズ感に注意

季節に関わらずに着られる定番アイテムであるTシャツですが、街中を歩いているとサイズが間違っているのではないか?と思う人を見かけます。ビッグサイズのTシャツ…

いい思い出がたくさんのTシャツ作成

Tシャツ作成と言って私が思い出すのは、高校生の時にあった文化祭と親友の誕生日会です。私の高校では文化祭の時に各学年クラスごとにオリジナルのデザインを考え、…

TOP